診療とケア

在宅酸素療法(HOT)

当院では、在宅酸素療法(HOT)の患者さまの診療も行っています。
在宅酸素療法は、1985年に医療保険が適用されました。それ以来、多くの慢性呼吸不全や慢性心不全の患者さんが、ご自宅でご家族と生活をともにしながら治療できるようになりました。
在宅酸素療法(HOT)とは?

在宅酸素療法とは、慢性呼吸不全や慢性心不全などの患者さまのうち、退院されて安定した病態にある方及び手術待機の方や、酸素を体の中に取り込めない患者さまが、自宅など病院の外で自ら酸素を吸入しながら生活する治療法です。
現在日本では、13万人以上の方がこの療法を行っています。
英語でHome(家庭・在宅) Oxygen(酸素) Therapy(療法)というので頭文字をとって「HOT(ホット)」とも呼びます。

在宅酸素療法(HOT)の効果

在宅酸素療法は、以下のような効果が期待できます。

  1. 1
    酸素吸入により、心臓をはじめとする諸臓器の負担を少なくし、寿命を延ばす効果も実証されています。
  2. 2
    入院回数を減らすことができます。
  3. 3
    入院費など、経済的負担や看護等によるご家族の負担が少なくなります。
  4. 4
    自覚症状が改善し、ご家族と普通に生活をすることができるだけでなく、携帯用酸素ボンベを使えば外出も可能になり、旅行や趣味を楽しむ等QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させることができます。
使用する酸素供給装置について

酸素吸入は、自宅では「酸素濃縮装置」、外出時には「携帯用酸素ボンベ」を使用するのが一般的です。

酸素濃縮装置

空気の大部分を占める窒素を取り除いて、酸素を高い濃度(約90%)で取り出せるようにした器械です。

※酸素濃縮装置は電気で動きます。

※電源があればどこでも使えます。

携帯用酸素ボンベ

停電時や災害時、装置の故障に備えての緊急ボンベとしての役割もあります。 携帯用酸素ボンベには持ち運びに便利な専用のキャリーカートや専用のバッグがあります。

在宅酸素療法(HOT)をはじめるとき

在宅酸素療法をはじめる際は、以下の流れで導入します。

  1. ステップ1
    動脈血ガス分析、パルスオキシメータ測定などの検査を行い、医師が診察・評価して適用を決定します。
  2. ステップ2
    病状と在宅酸素療法(HOT)の必要性と効果等について、患者さまとご家族の方にご説明し、同意をいただいたうえで開始します。
  3. ステップ3
    はじめて在宅酸素療法を行う時は、入院期間中等に医師の指導のもとで酸素吸入を行い、吸入に慣れていただきます。また酸素吸入量・時間を決定したうえで、機器の取り扱い・生活指導・緊急時の対応等を担当スタッフよりご説明させていただきます。
  4. ステップ4
    1カ月に1回程度、機器の使用状況・日常生活状況・血液ガスや呼吸の状態について、医師の診察(通院・往診)を受けていただきます。

各種制度について

在宅酸素療法を導入するにあたり、以下の制度をご利用いただけます。

医療保険制度

健康保険が適応され、患者さまは自己負担分だけ病院に支払うことになります。
医療費の自己負担が高額になる場合に、医療費の自己負担額(保険適応分)から限度額を控除した額が申請によって償還払いで支給されます。

障害者福祉制度

在宅医療を実施する過程で、日常生活や社会生活が長期にわたり制限を受けると、呼吸器機能障害により身体障害者手帳が交付され、様々な助成や給付が受けられます。呼吸器機能障害は1級・3級・4級があり、等級によって受けられる内容が異なります。

介護保険制度

在宅医療を実施するにあたり、日常生活を送る上で何らかの支援が必要になった場合は、介護保険を利用することで介護サービスを受けることができます。
要介護度は、要支援1~2及び要介護1~5に区分され、受けることのできるサービスや量が異なります。

医療費や介護保険などのご質問につきましては、
医事課・社会福祉士でサポートいたします。

在宅酸素療法(HOT)の設置例
在宅酸素療法(HOT)の設置例

在宅酸素療法でご注意いただきたいこと

酸素療法は、不足している酸素を補うためにおこなわれ、酸素の吸入流量・吸入時間はひとりずつ最適な条件が退院時に設定されています。

酸素流量の変更は危険を伴うことがありますので、
処方された流量・時間を遵守してください。

変更したい場合や、息切れの悪化・発熱・むくみ・咳・体重増加等、体調に異変がありましたら、我慢せず速やかに医療機関を受診し、主治医にご相談ください。

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

診察予約 変更ダイヤル

Tel.048-499-4895

診察の日程変更・キャンセルなど、
予約変更はこちらへ

医療連携部へのお問い合わせ

Tel.048-499-6806

医療・保険・福祉のこと、
お気軽にご相談ください

医療連携部のページへ
診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00(第1・3週のみ)
受付時間
平日 8:30 - 18:30 
土曜 8:30 - 12:30(第1・3週のみ)
休診
土曜(第2・4・5週)・土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/内視鏡内科/整形外科/循環器内科/糖尿病内科/
腫瘍内科/緩和ケア内科/脳神経内科/乳腺外科/心臓血管外科/
皮膚科/リハビリテーション科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら