新型コロナウイルス
ワクチン接種のご案内

新型コロナウイルスワクチンの知識

新型コロナウイルスのワクチン接種が世界各地で進むなか、日本国内でも医療従事者を対象にした接種がはじまりました。安全性を改めて確認した上で、その後高齢者や基礎疾患のある方を優先して順次接種が進められます。
ワクチンはこれまで多くの感染症の流行予防と死亡者の大幅な減少をもたらしています。新型コロナウイルスの感染拡大防止に、ワクチンの開発と普及がとても重要です。一方、ワクチンは健康な方や基礎疾患のある方に接種するため、極めて高い安全性が求められます。
新型コロナウイルスワクチン(以下、コロナワクチン)に関しての情報をお伝えします。正しく知り、ご自身やご家族が接種を受けるか考える際の参考としてください。

何のため接種するのか

ワクチンは感染症に対する免疫をつけたり、強めるために接種します。個人の発症や重症化を予防するだけでなく、多くの人が接種することで社会全体の流行を防ぐことが期待されます。
コロナワクチンでも、熱や咳などの症状がでること(発症)や重症化を防ぐ効果が認められています。

コロナワクチンの種類について

日本政府が国民全員分のワクチンを確保するために契約しているのは、ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社の3社です。

メーカー 種類 仕組み 接種方法 発症予防効果
ファイザー mRNA ウイルスのタンパク質をつくるもとになる情報の一部を注射し、ウイルスに対する抗体ができることで免疫ができます 筋肉注射21日間
あけて2回
95%
モデルナ mRNA 筋肉注射28日間
あけて2回
94.1%
アストラ
ゼネカ
ウイルスベクター ウイルスのスパイクタンパクを作る遺伝子を、無害なアデノウイルスに組み込んで、これを投与します。それにより体内でウイルスのスパイクタンパクの生成が始まり、免疫ができます 平均70.4%

厚生労働省ホームページなどを参考に作成(R3.2.19 現在)

副反応について

主な副反応
  • 腫れや痛み
  • 頭痛
  • 疲労
  • 発熱

2回目の接種のほうが接種部位の痛みや腫れ、発熱等の副反応が強くなる傾向にあります。副反応のほとんどは 2-3 日でよくなります。症状がでて辛い場合は、解熱鎮痛剤を使用することができます。
ただし、ワクチンを受けた後、2日以上熱が続く場合や、症状が重い場合、熱以外に咳や味覚・嗅覚異常、息切れ等の症状がみられる場合には、受診や相談をご検討ください。

アナフィラキシー反応について

薬や食物がからだに入ってから、短時間で起きるアレルギー反応です。血圧低下や意識レベルの低下などを伴う場合をアナフィラキシーショックといいます。
ファイザー社のコロナワクチン接種後に報告されたアナフィラキシーは、2021年1月18日時点で、100万回あたり5例となっており、74%が接種後15分以内、90%が接種後30分以内に症状が現れています。
アナフィラキシー反応をおこしても迅速に、適切に対応すれば命に関わることはほとんどありません。ワクチン接種後15分間はアナフィラキシーなどの有無を観察することが推奨されています(観察時間については、“当日の注意事項”もお読みください)。

接種対象者、優先接種対象者(予定)

接種対象は16歳以上の方です。
厚生労働省のホームページによると、次のような順で接種予定です。

接種順(予定)

1. 医療従事者等

2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方(※)や高齢者施設等で従事されている方

4. それ以外の方

※「基礎疾患を有する」ことを証明するために、診断書は必要ありません。予診票に記載していただき、必要があるときは、問診で病気や治療の状況などを確認します。

以下の方は、かかりつけ医等にご相談ください

  • ● 妊娠中、授乳中の方
    ワクチンを受けることができます。ワクチンを受けるかお悩みの方は、主治医とご相談ください。
  • ● 基礎疾患のある方で、免疫不全のある方、病状が重い方など
    接種を慎重に検討したほうがよい場合がありますので、かかりつけ医等にご相談ください。
  • ● 抗凝固薬(いわゆる「血をサラサラにする薬」の一部)を飲んでいる方(※):
    血小板減少症または凝固障害のある方は、接種後の出血に注意が必要です。ご自分が当てはまるかどうか不明の方は、かかりつけ医等にご確認ください。

※対象のお薬(抗凝固薬)はこちらよりご確認ください(お薬の一覧が開きます)。

商品名 一般名
ワーファリン ワルファリンカリウム
プラザキサ ダビガトランエテキシラート
イグザレルト リバーロキサバン
エリキュース アピキサバン
リクシアナ エドキサバントシル酸塩水和物

接種不適応者

一般に、以下の方はワクチンを受けることができません。

  • 明らかに発熱している方(通常37.5°C以上)
  • 重い急性疾患にかかっている方
  • コロナワクチンの成分に対して、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴のある方
  • 上記以外で、予防接種を受けることが不適応な状態にある方

接種費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

診察予約 変更ダイヤル

Tel.048-499-4895

診察の日程変更・キャンセルなど、
予約変更はこちらへ

医療連携部へのお問い合わせ

Tel.048-499-6806

医療・保険・福祉のこと、
お気軽にご相談ください

医療連携部のページへ
診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 18:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 18:00 
土曜 9:00 - 12:30(第1・3週のみ)
受付時間
平日 8:30 - 18:00 
土曜 8:30 - 12:30(第1・3週のみ)
休診
土曜(第2・4・5週)・土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/内視鏡内科/整形外科/循環器内科/糖尿病内科/
腫瘍内科/緩和ケア内科/脳神経内科/乳腺外科/心臓血管外科/
リハビリテーション科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら