診療科案内

糖尿病内科

血糖が高いと言われたことはありませんか?

糖分は、ヒトが生活する上で欠かせない大切な栄養素です。糖尿病ではインスリンの作用が不足していることが原因で、体の細胞の中に効果的に糖分が取り込まれづらくなります。取り込まれない糖分は、血液中の糖分(血糖)として残り血液検査で血糖が高く出ます。高血糖や糖尿病では、喉の渇き(口渇)、たくさん水を飲む(多飲)、尿がたくさんでる(多尿)、体重減少、疲れやすさなどの症状が出てくる場合があります。
糖尿病の症状に思い当たることがある場合は、糖尿病内科にご相談ください。
※血糖や糖尿病の検査は、内科でも実施しています。

糖尿病内科では、主に以下の病気を診療しています
糖尿病が疑われる方の診断
I型糖尿病/II型糖尿病/その他の病気にともなう糖尿病/高血糖状態

大切な患者さまへ

血糖のコントロールがうまくいっていない方は、糖尿病治療の調整と病気への理解を深めるため、糖尿病教育入院を承っております。糖尿病の治療に不安やお悩みのある方は、私たちにご相談ください。

糖尿病内科担当ドクターよりメッセージ

糖尿病になりづらい生活習慣を知っておくことが大切ですが、糖尿病になってしまった場合でも、きちんと治療をしていけばしっかりと血糖のコントロールが可能です。血糖コントロールを良好にして、糖尿病によって後々になって発生してくる合併症(網膜症、腎症、神経障害)の発生を防ぎ、他の疾患にかかるリスクを減らしていきましょう。

コラム

目標とする血糖値とヘモグロビンA1c検査について

糖尿病の診療では血糖の状態を確認していきますので、受診のときに血液検査(参考になる検査:血糖やヘモグロビンA1c)を行っていきます。

血糖値の基準値 糖尿病が疑われる検査値
空腹時血糖 70~109mg/dl 126mg/dl以上
食後2時間血糖 140mg/dl未満 200mg/dl以上

※血糖が高くて糖尿病が疑われる方は、追加の診察や検査を受けることをおすすめします。

ヘモグロビンA1cとは、糖尿病と関係の深い血液中のタンパク質(グリコプロテイン)で、血管内でヘモグロビンと糖分が結合したものを指しています。ヘモグロビンA1cの割合を検査しており、国際標準値(NGSP値)で6.5%を超えると糖尿病型として糖尿病が強く疑われます。治療中の経過の指標としても用いられます。

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00
受付時間
平日 8:30 - 18:45 
土曜 8:30 - 12:30
休診
土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/消化器内科/消化器外科/整形外科/循環器内科/
糖尿病内科/腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/放射線科/
乳腺外科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら