診療科案内

神経内科

脳の機能や体を動かす、
神経のトラブルに対応しています

神経内科ではどんな病気を診るの?

神経内科では脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診ていきます。
体を動かすことや感じたりすること、考えること、覚えることに支障をきたしている場合に、このような病気を疑います。

神経内科では、以下のような病気を診療しています
頭痛/めまい/認知症/脳梗塞/パーキンソン病/神経変性疾患などその他の神経や脳に関連する病気

どんな症状がでますか?

脳や脊髄、神経、筋肉の病気では様々な症状があります。
めまい、頭痛、しびれはよく起きる症状です。その他、力が入らない、ふらつき、歩きにくい、体がつっぱる、食べるときにむせる、しゃべりにくい、目の焦点が合わない、勝手に手足や体が動く、もの忘れする、意識がぼーっとするなど多岐にわたります。
ご自身で症状や経過がよくわからない場合には、内科にて相談のうえ、神経内科へご紹介いたします。

神経内科の代表的な疾患について

認知症

認知症とは、いったん発達した知的機能が低下して社会生活や職業生活に支障をきたす病気です。
もの忘れが多くなった、今までは問題なかった日常生活の動作がしづらくなったなど、認知症かもしれない?と心配になるときは神経内科を受診してみてください。認知機能を低下させる原因となる病気にはいくつもの種類があるため、認知症が疑われる場合には診察や検査(血液検査や画像診断など)をしながら認知症かどうか、認知症のどのタイプなのかなどの診断を行います。診断に基づいて認知症の薬物療法などを行っていきます。
当院では入院される患者さまで認知症を合併している方へも適切な対応ができるように、認知症ケアチームが対応します。当院では、認知症になっても「いつでも、どこでも、その人らしく」暮らせるように支援することを目的として、認知症の患者さまに対する患者さま中心の医療(patient centered care)を実践してまいります。

脳梗塞

脳の血管が詰まってしまって、脳へ流れる血液が途絶える(または少なくなる)のが脳梗塞です。脳への血流が低下(虚血)すると、脳の一部がダメージを受けてしまいます。脳梗塞が起こると、体の麻痺が起きたり、言葉がうまく話せなくなったり、意識がはっきりしなくなったりすることがあります。後遺症が残って日常生活に手助けが必要になることも少なくありません。
脳梗塞は突然意識を失って倒れるものと思われていることがありますが、下記のような症状で気づかれることの方が多いです。
脳梗塞の発症が疑われる場合には、早急に病院を受診することが必要です。発症から超早期(数時間)の場合には、詰まってしまった血栓を溶かす治療や血管内のカテーテル治療で血栓を除去する治療などが適応になるため、専門病院をご紹介します。発症から時間が経過している場合には、次の脳梗塞を起きづらくするために、病気のタイプに応じて血をサラサラにする薬(抗血小板薬や抗凝固薬)などを用いていきます。
当院では、脳梗塞をできるだけ防ぐために、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの危険因子をしっかり管理し、禁煙や体重管理、運動など生活習慣の改善によって脳卒中が起こらないようにすることに力を入れています。

脳梗塞を疑う症状
  • 手足に力が入らない
  • 手足がしびれている
  • 片足をひきずっている
  • 歩いていてつまづきやすい
  • 言葉が出づらい、理解できない
  • ふらふらしている
  • 急にめまいがする
  • ものが二重に見える、見えづらい

パーキンソン病

パーキンソン病は、運動症状を特徴とする病気です。
大脳の下にある中脳の黒質ドパミン神経細胞が減少すると、体が動きにくくなり、ふるえなどが起こりやすくなって発症します。治療としては、不足しているドパミンを補う目的で薬物療法を行っていきます。
パーキンソン病は治療によって日常生活動作が改善することが期待されますので、下記のような症状でお困りの場合には神経内科へご相談ください。

パーキンソン病を疑う症状
  • ふるえ(振戦)
  • 動作が遅くなる(動作緩慢)
  • 筋肉の動きがぎこちない(筋強剛・筋固縮)
  • 転びやすいこと(姿勢保持障害)

片頭痛

片頭痛は頭痛のなかでも比較的多い疾患の一つです。日本では成人の8.4%、約840万人が片頭痛にかかっていると報告されています。片頭痛の症状としてはズキズキするような痛みで、病気の名前のとおり片側のみが痛い場合もありますが、両側ともに痛い場合も少なくありません。頭痛の起こる前に症状(前兆と呼びます)が起こることがあり、キラキラした光、ギザギザの光(閃輝暗点)といった視覚の異常が多く見られます。その他、からだの力が抜けたり、しびれ感や言葉が喋りづらいなどの症状が現れることもあります。片頭痛に対しては痛みを抑えるのに有効な薬物療法がありますので、頭痛を繰り返されていて片頭痛かもと思う場合には、内科や神経内科へご相談ください。

めまい

めまいは、自分が動いていないのに壁や天井など周りのものが動いているように感じる感覚の異常です。よく、「ぐるぐる目が回る」とか「ふわふわ浮いているような感覚がある」と表現され、吐き気、耳鳴りなどを伴う場合があります。めまいを感じた場合には、内科または神経内科へご相談ください。めまいの症状がある一部の方に、脳梗塞などの脳の病気が見つかることがあります。その場合には神経内科を受診していただくようになります。

大切な患者さまへ

突然の激しい頭痛や、急にからだの動きがおかしくなってしまったときは、脳梗塞や脳出血など緊急的な治療が必要な場合があります。緊急治療が必要な場合には、専門的な医療機関をご紹介いたします。

神経内科担当ドクターよりメッセージ

現在、高齢化社会で認知症や脳梗塞をもつ患者さまが増えています。元気な日常生活を送るためには、脳や神経の機能を維持することが大切です。認知症や脳梗塞になりづらいように、高血圧や脂質異常、糖尿病などの生活習慣病の管理や健康管理を行うことはとても重要です。神経内科では内科と協力しながら、脳・神経の健康の維持に努めていきます。

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00
受付時間
平日 8:30 - 18:45 
土曜 8:30 - 12:30
休診
土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/消化器内科/消化器外科/整形外科/循環器内科/
糖尿病内科/腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/放射線科/
乳腺外科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら