2020.07.17

「医療保険」と「介護保険」

「医療保険」と「介護保険」は似ているようで全く異なる制度であり、受けられる保障内容も異なります。しかしながら訪問看護やリハビリなど、両方で重複するサービスもあり、違いをはっきりと理解されている方はそう多くはありません。
今回は「医療保険」と「介護保険」について簡単にご説明させていただきます。


だより2.png


医療保険とは医療費の一部をカバーするものであり、国民全員が加入必須です。医療費の負担額は年齢や所得により異なりますが、特段の条件はなく健康保険証を提示すれば利用可能です。
また、外来や入院治療以外にも医師が必要だと判断した場合に訪問看護やリハビリ、訪問マッサージなど医療的なケアを在宅等で医療保険にて行うことも可能です。

一方、介護保険とは介護サービスを受けた際の費用の一部をカバーするものであり、給付対象は①65歳以上(第1号被保険者)と②40歳以上64歳(第2号被保険者)で特定16疾患の方になります。
また、介護サービスを利用するにはまず市区町村の窓口で介護保険の申請し、認定調査員による調査を受け、それにより介護がどの程度必要かの判定=要介護度(要介護1~5または要支援1、2)が決定しサービスを受けられる上限額が決まります。上限額以内であれば原則1割負担ですが、一定所得以上の場合には2割、3割と負担額が異なります。
介護保険では家事支援や身体介護、リハビリや訪問看護などの訪問サービスや、デイサービスへの通所サービス、施設の入居や介護用具のレンタル等が受けられます。
では、訪問看護やリハビリなど両方で重複しているサービスはどのように使い分けるのか、というと要介護認定を受けていない場合は医療保険が優先され、逆に要介護認定を受けている場合は介護保険が優先されると原則決められているのです (※)。
※特定疾病の場合は介護認定を受けていても医療保険が適応となることもあります。

医療や介護が必要な状態となってしまっても、できる限り住み慣れた地域で生活を継続するためには医療保険と介護保険を上手に活用し、必要な時に適切なケアが受けられる体制を整えることが大切です。
当院では医療連携室のMSW(医療相談員)が介護保険の申請、活用援助等も行っておりますので、ぜひご気軽にご相談ください!



0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

診察予約 変更ダイヤル

Tel.048-499-4895

診察の日程変更・キャンセルなど、
予約変更はこちらへ

医療連携部へのお問い合わせ

Tel.048-499-6806

医療・保険・福祉のこと、
お気軽にご相談ください

医療連携部のページへ
診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00(第1・3週のみ)
受付時間
平日 8:30 - 18:30 
土曜 8:30 - 12:30(第1・3週のみ)
休診
土曜(第2・4・5週)・土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/内視鏡内科/整形外科/循環器内科/糖尿病内科/
腫瘍内科/緩和ケア内科/脳神経内科/乳腺外科/心臓血管外科/
皮膚科/リハビリテーション科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら