2018.12. 8

臨床雑誌「内科」12月号についてご案内です

当院病院長 公平 誠 医師の連載記事「プライマリーケア医のがん診かた」が
臨床雑誌「内科」12月号に掲載されました。

今回は、血液検査で実施するがんの検査である、腫瘍(がん)マーカーについての
解説をしています[1]。

血液検査だけで"がん検診"ができるか?
私達もそのような夢のような話があれば嬉しいですし、患者さまにとってはそれが
実現すれば朗報です。
外来診療をしていると、よく患者さまから、『がんが心配なので腫瘍マーカーを計ってほしい』というご要望を聞くことがあります。
また、『人間ドックではどんな腫瘍マーカーを計ったらよいですか?』というのも少なくありません。

一般的に市町村などで行われる科学的な根拠のあるがん検診(肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がん)はレントゲン、バリウム検査、内視鏡検査、マンモグラフィー、細胞診など血液検査に比べるとやや煩雑だったり多少は時間もかかるので血液検査一つでがんがわかるとすれば非常に魅力的なはずです。

しかし、これまでのがん検診で腫瘍マーカーが各がんの主要な検査とされていないのでおわかりかもしれませんが、現時点では腫瘍マーカーは前立腺がんのPSAを除いてはがん検診の方法としては確立されていません。

現在のがん診療における腫瘍マーカーの役割としてはがん検診(スクリーニング)以外に
1)がんが疑われる場合の診断補助
2)がんの治療や治療後のモニタリング(経過観察)
などで用いられています。

よく、一般診療で患者さまが不安に感じられるのは、腫瘍マーカが高いのだけど大丈夫なのか?ということだと思います。

【腫瘍マーカー検査の注意点(診断目的の利用)】[文献2]
・ 症状や検査でがんを疑う所見がない、または所見が乏しい場合には腫瘍マーカーの
 検査は有用ではない
・ 腫瘍マーカーは生検による病理検査による確定診断にかわるものではない
・ 腫瘍マーカーの高値はがんの可能性を示唆するが特定のがんの存在を示すものでは
 ない
・ 腫瘍マーカーの低値はがんがないことを示すものではない
・ 腫瘍マーカーの結果については、原則としてその他の入手可能な臨床所見
 (診察、検査所見)と合わせてその文脈で判断すること、となっています。

ですので、腫瘍マーカーが高値というだけで、それすなわちがんの診断というわけではないので心配しすぎないでいただければと思います。『がんが体内にないこと』を証明することは難しいのですが、以下の表1のように各腫瘍マーカーごとに代表的な関連するがんがありますので疑われるがんについては標準的な検査法を用いて検査を行っていきます。
それでもがんが見つからない場合には腫瘍マーカーの再検査や間隔をおいてのフォローアップを行っていきます。

【患者さまや医療機関の方へ】
検診や人間ドックなどで偶然に『腫瘍(がん)マーカーが高かった』という場合があると思います。その場合にはがんを総合的に扱う『腫瘍内科』へお気軽にご相談いただければと思います。
また、近隣の医療機関さまで、『腫瘍マーカー高値』でお困りの場合にはご相談いただければいつでも対応いたします。


表1. 腫瘍マーカー検査を行う代表的な症状とがんについて [文献3を参照]


無題.png
参考文献
1. 公平 誠, プライマリーケア医のがんの診かた 第7回、気軽に計測できる腫瘍マーカー、そのピットフォールは?内科、122: 1277-1232、2018
2. Sturgeon CM, Lai LC, Duffy MJ. Serum tumour markers: how to order and interpret them. BMJ. 2009 Sep 22;339:b3527
3. Sturgeon CM, Duffy MJ, Stenman UH. et al. National Academy of Clinical Biochemistry laboratory medicine practice
guidelines for use of tumor markers in testicular, prostate, colorectal, breast, and ovarian cancers. Clin Chem 2008;54(12):e11-79.

ではよろしくおねがいします。

20181208094630_00001.jpg

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

医療連携部へのお問い合わせ

Tel.048-499-6806

医療・保険・福祉のこと、
お気軽にご相談ください

医療連携部のページへ
診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00(第1・3週のみ)
受付時間
平日 8:30 - 18:30 
土曜 8:30 - 12:30(第1・3週のみ)
休診
土曜(第2・4・5週)・土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/消化器内科/消化器外科/整形外科/循環器内科/
糖尿病内科/腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/放射線科/
乳腺外科/皮膚科/リハビリテーション科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら