2019.12. 5

がんとスポーツについて【初回】

運動は体によい!というのは、昔からよく知られていることです。体を動かすことによって、高血圧・脂質異常・糖尿病などの生活習慣病のリスクをさげることは様々な研究からわかっています。

最近では、運動ががん患者さんやがんサバイバーの方にどのような健康的なメリットがあるのかについて盛んに研究が行われています。

米国スポーツ医学会(American College of Sports Medicine(ACSM))は、最新の科学的エビデンスをまとめて、がんサバイバーの方むけの運動に関するガイドラインを提供しています。がんとスポーツに関する専門家(運動瘍学)ががんの予防、治療、回復、生存率工場のための運動のメリット等について協議して作られたものです。ACSMによると、「世界中には4,300万人を超えるがんサバイバーが生活していてそれぞれの人が自分の健康問題に取り組み、運動ががんの予防と制御にどのように役立つかを理解する必要がある」と述べています。ガイドラインによれば、すべての成人にとって運動はがんの予防に重要であり、特に一般的な7種類のがんのリスクを低下させること:結腸、乳房、子宮内膜、腎臓、膀胱、食道、胃、がん生存者の場合には乳がん、結腸がん、前立腺がんの診断後の生存率向上に役立つ運動を取り入れることを推奨しています。また、がん治療中およびがん治療後の運動は、疲労、不安、抑うつ、身体機能、生活の質を改善し、リンパ浮腫を悪化させないことなどが述べられています。

今回、公平だよりを通してがんと運動(スポーツ)についてガンドラインを中心に現在までにわかっていることなどを紐解いていきたいと思います。

参考文献:
Campbell KL, Winters-Stone KM, Wiskemann J et al. Exercise Guidelines for Cancer Survivors: Consensus Statement from International Multidisciplinary Roundtable. Med Sci Sports Exerc. 2019 Nov;51(11):2375-2390.
だより スポーツ.png

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

医療連携部へのお問い合わせ

Tel.048-499-6806

医療・保険・福祉のこと、
お気軽にご相談ください

医療連携部のページへ
診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00(第1・3週のみ)
受付時間
平日 8:30 - 18:30 
土曜 8:30 - 12:30(第1・3週のみ)
休診
土曜(第2・4・5週)・土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/内視鏡内科/整形外科/循環器内科/糖尿病内科/
腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/乳腺外科/心臓血管外科/
皮膚科/リハビリテーション科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら