2020.06. 1

がんとスポーツについて 【番外編】がんとトライアスロン

こんにちは、公平病院 腫瘍内科です。
新型コロナウイルス感染症の影響で、今年申し込みをしていたトライアスロン大会が
すべて延期・中止となってしまいました。そのため、トレーニング量がガクッと減ってしまっていて、体力が落ちてしまっている今日この頃です。

さて、今回は「がんとスポーツについて」の番外編として、大会に思いを馳せながらがんサバイバーの方のトライアスロンについての研究を2つご紹介したいと思います。

どちらも同じ研究グループからの報告で、乳がんサバイバーの女性のトライアアスロンについてです。

1つ目は、23名の乳がんサバイバーがスプリントディスタンス(swim 800m, bike 20km, run 5km)に出るための14週間のトレーニングプログラムに参加するというものです。
すると、運動能力を評価するための(以下、評価可能な21名に関して)
・膝伸筋ピークトルク
・6分間歩行テスト(6分間でどれだけ遠くまで歩けるか)
・VO2 max (最大酸素摂取量)
・FACT-B (乳がん患者さんのQOLを測る尺度)
・FACT-G (がん治療一般のQOLを測る尺度)、社会的幸福度
などの指標が改善したことが示されています。

2つ目は、同様の14週間のトレーニングに参加する乳がんサバイバー46名とトレーニングをしない16名を比較する研究です。
この研究では、トレーニングをしたグループは
・BMI(肥満度は測る指標)
・腕の周囲径
・QOL
・疲労
・自己効力感
などの臨床指標の改善効果が見られています。

トレーニングをすることにより運動能力の向上が見られることは容易に予想できる結果ですが、QOLや疲労回復、自己効力感などの改善はがんサバイバーの方にとっては朗報だと思います。

トライアスロンはきついスポーツの印象がありますが、短い距離からアイアンマン(swim 3.8km, bike 180km, run 42.195km)の長い距離まであり体力に合わせて楽しむことができます。

運動が心や体によい影響を与えるので、ランニングや水泳、サイクリングなど
新型コロナウイルス感染対策をしながら楽しみましょう。

参考文献
1. Ng AV, Cybulski AN, Engel AA, et al. Triathlon training for women breast cancer survivors: feasibility and initial efficacy. Support Care Cancer. 2017;25(5):1465‐1473. doi:10.1007/s00520-016-3531-5

2. Tjoe JA, Piacentine LB, Papanek PE, et al. Team triathlon effects on physiological, psychological, and immunological measures in women breast cancer survivors [published online ahead of print, 2020 Apr 20]. Support Care Cancer. 2020;10.1007/s00520-020-05457-2. doi:10.1007/s00520-020-05457-2
F0394D78-8BD1-41E1-A53D-5E4500F17EC6.jpg

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

診察予約 変更ダイヤル

Tel.048-499-4895

診察の日程変更・キャンセルなど、
予約変更はこちらへ

医療連携部へのお問い合わせ

Tel.048-499-6806

医療・保険・福祉のこと、
お気軽にご相談ください

医療連携部のページへ
診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 18:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 18:00 
土曜 9:00 - 12:30(第1・3週のみ)
受付時間
平日 8:30 - 18:00 
土曜 8:30 - 12:30(第1・3週のみ)
休診
土曜(第2・4・5週)・土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/内視鏡内科/整形外科/循環器内科/糖尿病内科/
腫瘍内科/緩和ケア内科/脳神経内科/乳腺外科/心臓血管外科/
皮膚科/リハビリテーション科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら