2019.03. 4

花粉症対策は始めていますか?

少しずつ暖かくなって過ごしやすい季節になってきました。外来ではインフルエンザ患者さんの人数はずいぶんと減ってきて流行もおちついてきたようです。
最近では花粉症の症状で外来を受診する患者さまが少しずつ増えてきました。
今回は花粉症についてお話したいと思います。まず第1回目は花粉症の診断について解説します。

1) 花粉症とは
花粉症は正式にはアレルギー性鼻炎の一つで、花粉などの抗原(アレルギーのもとになるもの)を原因としてくしゃみ、鼻汁、鼻閉(はなづまり)などの鼻炎症状を呈する病態です。花粉の季節がくると発生するので季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。一方、ダニ、真菌(カビ)、昆虫、ペットの毛など季節に関係なく存在する抗原に反応して鼻炎症状が続くものを通年性アレルギー性鼻炎と呼びます。

【アレルギー性鼻炎の分類】
1) 季節性アレルギー性鼻炎:花粉などが原因(いわゆる花粉症)
2) 通年性アレルギー性鼻炎:ダニ、真菌(カビ)、昆虫、ペットの毛が原因

2. 花粉症と花粉の関係性
さて、2-3月くらいになると花粉症の症状がでてくる患者さまが増えてくるのですが、どのような花粉が問題になるのでしょうか?
実は、スギ花粉が圧倒的に多く、花粉症の患者さんの約70%はスギ花粉が原因であるとされています。その他、イネ科、キク科などの花粉が問題となっています。なぜ、これほどまでにスギが原因の花粉症が多いのかというと、日本にはスギ林がとても多いことが一つの原因となっています。日本のスギ林の面積は全国の森林の18%、国土の12%も占めているとされています(林野庁業務資料(平成24年3月31日))。スギ花粉は、冬が過ぎて暖かくなり始めると開花して花粉が一斉に飛び始めていきます。そのため、この時期になると花粉症の症状も出てくるというわけです。近年は、温暖化の影響で花粉量も増加することが予想されており症状が悪化する可能性がありますのでしっかりとした対策が必要になりそうです。

杉 L.jpg

林野庁のHPにスギやスギ花粉の話が掲載されていますのでご興味のある方は御覧ください。リンクを貼っておきます。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/sin_riyou/kafun/qanda.html

また、花粉の量については日本気象協会の埼玉県の花粉飛散状況のリンクをつけておきます。
https://tenki.jp/pollen/3/14/

3. 花粉症の診断
1) 問診
診断においては問診から始めます。
上述したように、くしゃみ、鼻汁、鼻閉(はなづまり)の3つの症状があることが診断にとても重要です。
風邪のときや副鼻腔炎などの場合も同様の症状の場合がありますので、鼻炎症状を起こすその他の病気がないかなどを考えていきます。

2) 鼻の観察
花粉症の場合には鼻の粘膜がむくんでいて、さらさらとした鼻汁が見えます。
粘っこい鼻汁の場合には他の病気のことがあります

3) 鼻汁好酸球検査
花粉症を含むアレルギー性鼻炎の場合には鼻汁の中に白血球の一部である好酸球の数が増えていることが知られています。患者さまには鼻をかんでもらって採取できた鼻汁を検査します。

4) アレルギー検査
当院では血液検査でのアレルギー検査を行っています。
通常の血液検査のように血液を採取して、検査センターで花粉を含むアレルギーの検査を行います。数日で結果がでますので次回受診の際にお伝えします。
お急ぎの場合や、小児で採血が苦手の方には指先からの少量の血液で検査できる迅速アレルギー検査もあります。おおよそ検査時間は20分程度で、当日に結果がわかります。

5) レントゲン
副鼻腔炎などの他の病気やその合併を疑う場合にはレントゲン撮影などを追加します。アレルギー性鼻炎・花粉症患者さまの 15~20%では副鼻腔 レントゲン検査で異常所見が認められるとされています。

おわりに
花粉症を含むアレルギー性鼻炎は国民の全体のうち約4割の方が患っている罹患数第1位の疾患です。近年、花粉症は増加傾向にあり、これまではかかっていなくても、またどの年齢であったも新規に発症する可能性のある病気です。
暖かくなってきたこの時期にくしゃみ、鼻汁、鼻閉(はなづまり)などの症状が続いていて花粉症かな?と心配になる場合には当院までご相談ください。

6816a-480x480.png


0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00
受付時間
平日 8:30 - 18:45 
土曜 8:30 - 12:30
休診
土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/消化器内科/消化器外科/整形外科/循環器内科/
糖尿病内科/腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/放射線科/
乳腺外科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら