2019.08. 7

経口補水液について その3

こんにちは、栄養課です。


3回にわたって経口補水液にスポットをあててきましたが、今回で最後となります。



最終回は経口補水液の飲み方、注意点についてまとめていきます。



★現在、いろいろなメーカーからたくさんの種類の経口補水液が発売されていますが、経口補水液は栄養補給や日常的な飲料ではありません。


十分に食事や水分が摂れないときや、摂った以上に体液が奪われた場合(熱中症、感染性胃腸炎、インフルエンザなど)に利用しましょう。



★脱水ではないときに経口補水液を摂取しても塩分や糖分の過剰摂取になるだけです。


十分に食事を摂取できるのなら、食事から水分や塩分を補給しましょう。



★食事と一緒に飲むことにより効果が弱まります。これは胃の中で食べものと経口補水液が混ざることによって経口補水液の組成が崩れ吸収効果が弱まるためです。


食事と経口補水液を飲むタイミングは30分以上間隔をあけた方が良いでしょう。



taiyou[1].png




8月になり、暑さが増してきました。


今まで経口補水液について述べてきましたが、元気の源は「バランスの良い食事」や「十分な睡眠」です。


しっかり熱中症予防対策をして、元気に過ごしましょう!

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

医療連携部へのお問い合わせ

Tel.048-499-6806

医療・保険・福祉のこと、
お気軽にご相談ください

医療連携部のページへ
診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00(第1・3週のみ)
受付時間
平日 8:30 - 18:30 
土曜 8:30 - 12:30(第1・3週のみ)
休診
土曜(第2・4・5週)・土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/消化器内科/消化器外科/整形外科/循環器内科/
糖尿病内科/腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/放射線科/
乳腺外科/皮膚科/リハビリテーション科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら