2019.01.25

エネルギー計算方法

こんにちは。栄養課です。


今回は、簡単なエネルギー計算方法をご紹介したいと思います。



この方法は、糖尿病の食事療法で使われているものです。


エネルギー計算を簡単にするため、そこでは『80kcal=1単位』としています。


では、この1単位 (80kcal) を少し見ていきましょう。


☆ ごはんの場合、50g (コンビニのおにぎり半分くらい) が1単位。


☆ おかずの場合、片手に乗るくらいが1単位。


☆ 野菜の場合、両手に乗るくらい×2杯が1単位。


【卵】             【豆腐】


図1.pngkopi-1.pngとうふ.png


【肉】             【野菜】


図1.pngkopi-.png野菜250.png


これを覚えたら、あとはどのくらい食べたかでエネルギーが計算できます。



たとえば "すき焼き"。この季節は特に美味しく感じられますね。


ごはん150g牛肉80g豆腐100g(1/3丁)卵1個白菜などの野菜150gを使用して"すき焼き"を作ったとします。



それぞれ、



◆ごはん 50g=1単位      なので ごはん150は  150g÷50=3単位


◆牛肉 40g=1単位       なので 牛肉80gは     80g÷40=2単位


◆豆腐 100g=1単位      なので 豆腐100g  100g÷100=1単位


◆卵 50g(1個)=1単位    なので 50gは     50g÷50=1単位


◆野菜 300g=1単位      なので 野菜150gは 150g÷300=0.5単位


                               合計7.5単位                      


1単位 80kcalなので、


7.5単位 × 80(kcal)=600kcal


このように、簡単におおよそのエネルギーが計算できます。


P3240161.JPG  コメント.png 


今回、紹介した食材以外にも80kcalの分量が掲載された本などたくさんあります。


まずは、よく食べるものから調べてみるとよいでしょう。


レッツ チャレンジ!!      


0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00
受付時間
平日 8:30 - 18:45 
土曜 8:30 - 12:30
休診
土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/消化器内科/消化器外科/整形外科/循環器内科/
糖尿病内科/腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/放射線科/
乳腺外科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら