2018.05.14

マンモグラフィ Q&A

こんにちは。 公平病院放射線室です。


今回は、マンモグラフィについて詳しくお話していきます。 前回の記事で、マンモグラフィに関してよく質問をいただく2点を挙げさせていただきました。



なぜ上半身裸で撮影するのか


なぜ乳房をはさんで撮影するのか



これらについて詳しく回答させていただきます。




1.なぜ上半身裸で撮影するのか



前回の記事でもお話しましたが、マンモグラフィはレントゲンの仲間です。 ですから


「レントゲンは服を着たまま撮れるのにどうしてマンモグラフィは裸なの?」 と、よく聞かれます。もちろん理由があります。



マンモグラフィは「一般的なレントゲンでは写らない乳腺や脂肪などの軟らかい組織を鮮明に写すために特殊な撮影条件で撮っているから」です。


bf8e00245156fe990e8138ec36ff89d7ddde7236-thumb-620x343-228.png



ですから、一般的なレントゲンでは写らない衣類もマンモグラフィの撮影条件では写真上に写ってしまいます。 こういった理由からマンモグラフィは上半身裸で行います。


あと、髪の毛や制汗剤、ボディクリームなども写ることがありますので、注意が必要です。




1.なぜ乳房をはさんで撮影するのか


マンモグラフィを受けたことがある方はご存知かと思いますが、 マンモグラフィの撮影は乳房をアクリル板ではさんだ状態で撮影します。


ぺったんこになるまでのばしますので、痛く感じる方も少なくありません。 こちらに関しても理由があります。



1つ目に「写真をより鮮明にするため」です。


乳房をはさんで拡げることで、乳腺や脂肪などの重なりが減りますので、 内部の組織がよりはっきりと写真に写ります。


2346f99a0754097b3aeb82ddbb89203338740e40-thumb-620x504-212.png


2つ目に「被曝を減らすため」です。


乳房厚が薄いほど撮影に必要なX線量を減らせますので、結果的に被曝も低減します。


だより挿絵3.png



こういった理由から、マンモグラフィは乳房をはさんで行う必要があります。



裸だったり痛みがあったりと、ストレスの多い撮影かもしれませんが 乳房をはさむ時間は、長くても1回あたり10秒ほどです。 ですから、積極的に検査を受けに来ていただればと思います。



2017年度の乳がん市民検診は残念ながら2月いっぱいで終了してしまいましたが また夏頃から、対象の方へ2018年度の戸田市民検診クーポンが届くかと思いますので ぜひご利用くださいませ。

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

医療連携部へのお問い合わせ

Tel.048-499-6806

医療・保険・福祉のこと、
お気軽にご相談ください

医療連携部のページへ
診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00(第1・3週のみ)
受付時間
平日 8:30 - 18:30 
土曜 8:30 - 12:30(第1・3週のみ)
休診
土曜(第2・4・5週)・土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/内視鏡内科/整形外科/循環器内科/糖尿病内科/
腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/乳腺外科/心臓血管外科/
皮膚科/リハビリテーション科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら