みらいの
チームメイトへ

公平院長の

採用プラン

進化と
深化。

院長が一緒に働きたい
と考える人物像は?

私たちが定める4つの柱
求めるのはこれだけです

私たちは採用活動を行うにあたって、求職者のキャリアや能力よりも、以下の4つのポイントに重点を置いています。

  • Point 1

    患者さま中心で考え、行動できる

  • Point 2

    へルスケアプロフェッショナル
    としてのスキル、責任感、経験

  • Point 3

    チームの目的を理解し、
    仲間とともに活動できる

  • Point 4

    挑戦し、学び続ける意欲がある

まず第一に、患者さまに対して真摯であること。私たちが目指しているのは患者さま中心の医療ですから、これだけは譲れません。スキルや経験はあるにこしたことはありませんが、重視すべきは責任感です。仲間と協力し合うのはチーム医療の大前提ですし、新しい領域に取り組むべくめまぐるしく進化している当院では、成長しようという意欲も大切です。4つのポイントすべてを網羅している必要はありません。ある程度適合している方なら、活躍の場はたくさんあると思います。

公平病院は、どんな
キャリアプランの人向き?

広い視野で医療を見渡す
ゼネラリストになれる人

公平病院では多様なキャリアプランの方を受け入れています。ゼロから新しい仕事に挑戦し、プロフェッショナルを目指してもらってもいいですし、当院が力を入れているセミナーや資格バックアップ制度を利用して学び続けてくれてもいい。数年間働いたあとは、さらなる高みを目指して巣立ってもらってもかまいません。ただ、ひとつだけ私たちが求めるものがあるとすれば、医療現場全体を見渡し、柔軟に仕事をこなせる対応力。最初は業務に慣れるだけで精一杯かもしれませんが、それでも特定の仕事にだけ力を注ぐのではなく、多様化する医療ニーズと積極的に向き合いながら、ヘルスケアのゼネラリストを目指してもらいたいと考えています。
当院では、多くの病院に浸透している暗黙知や経験則はあまり役に立たないかもしれません。そのような知識やスキルを身につけたい人は、よその病院で学ばれることをお勧めします。一方、ゼネラリストに必要な幅広い知見と経験を身につけたいと考える人には、学びのチャンスや成長を後押しできる環境や制度が整っています。最初から柔軟に動ける必要はありません。学び続ける意欲があり、病院と一緒に成長していける方、ぜひ私たちと一緒に働きましょう。

これからともに働く
求職者のみなさんへ

オンライン面接もOK!
気軽にお問い合わせください。

公平病院で働くメリットは、地域医療の全容を知ることができる点にあると思います。業務内容は多岐に渡るため、マルチスキルが求められることもありますが、裏を返せば、日々の仕事をこなしていくうちに、いろんなスキルが自然と身についていくということ。スマートホスピタル化を推進する一方で、建物を拡張して既存領域の深化を目指すなど、小規模病院ならではのスピード感で進化し続ける病院ですが、「変化があるのは嫌いじゃない」「学び続ける意欲がある!」と思われる方は、ぜひ一度話を聞きに来てください。オンラインでの面接にも対応しているので、気軽にお問い合わせいただけたらうれしいですね。

医療法人慈公会 公平病院 院長 公平 誠