理想の労働環境を求めて転職タイプ

人生なるようになる
薬剤科 薬剤師

処方で迷っているドクターの背中を押せるような、
そんな薬剤師になりたい。

Q1
薬剤師の1日の仕事の流れを教えてください。

出勤したらすぐに、部内でミーティングをします。その後、入退院する方の情報収集や院内にある薬剤の在庫チェックをし、医師・看護師・薬剤師の間で情報を共有、必要な処方を依頼したり、指示を受けたりします。午後からは、注射(点滴)の調剤やドクターから来る処方箋の調剤を行いながら、患者さまへ薬剤管理指導もしています。

Q2
公平病院を志望した理由を教えてください。

新入職員で入った病院は職場の雰囲気が合わず、1年で辞めてしまいました。再就職活動で重視したのは、部内はもちろん、他部署の職員ともコミュニケーションがとれるような労働環境であることでした。その中でも、当院の「離職率が低い」というデータが決め手のひとつになり、入職を決めました。

Q3
公平病院に入ってみて良かったことは何ですか?

入職前のイメージ通り、当院のスタッフは、お互いに情報共有をしてやっていこうという意識を持っています。「こんなことあったよ」と、自然な会話ができます。部署を超えてスタッフ同士のコミュニケーションも盛んなので、今では、ほとんどの人が顔見知りなんですよ!

Q4
公平病院の好きなところを教えてください。

この規模の病院だからこそ、薬剤師として関われる業務が多いところです。また、風通しの良い病院なので、「その人じゃなければわからない」というような、閉鎖された感じがないところも気に入っています。

Q5
公平病院のチーム医療のために、
取り組んでいることや大切にしていることは何ですか?

お薬に関してドクターをサポートしていくことが、チームの一員としての役割だと思っています。患者さまがドクターに伝え忘れたことを相談されれば、その内容を看護師と共有しながら報告に行くような場面も…。どんな時も「患者さまに本当に必要なお薬か」ということを常に頭の中に置きながら、薬剤の分野で治療に貢献していくのが、私たちの役目です。

Q6
薬剤師の仕事のやりがいや魅力はどんなことですか?

ドクターも薬剤師も、患者さまから聞いている症状が同じでなくてはいけません。でも、まれに、何気ない会話の中で患者さまから聞いたことをドクターに伝えると、違う薬を処方し直すということもあるんです。そんな時は、お役に立てているかな?と思えますね。それから、一番うれしかったのは、患者さまが「この人は、いつも良くしてくれるのよ」と私をご家族に紹介してくれたこと。そんな時は、この職業をしていて良かったなと思えます。

Q7
今後の夢や目標を教えてください。

大学時代に2カ月間、病院で実習をしました。その病院の薬剤師の方の言葉が、私の目標になっています。それは、「ドクターが薬の処方で迷っていた時に、背中を押せるのが薬剤師」というもの。実際に薬剤師として働くようになり、それがいかに大変なことか知りました。遠い道のりになるかもしれませんが、そんな人になりたいと思っています。

最後に、公平病院に入職をお考えの方へ
メッセージをお願いします。

職場の雰囲気に不満があり転職をした私ですが、当院では心地よく働けています。本当に働きやすいところですので、ぜひ、一緒に働きましょう!

  • 子育てブランクから復職タイプ
  • ブライダル転居で再就職タイプ
  • 理想の労働環境を求めて転職タイプ
  • 異業種からの転職タイプ
0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

医療連携部へのお問い合わせ

Tel.048-499-6806

医療・保険・福祉のこと、
お気軽にご相談ください

医療連携部のページへ
診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00(第1・3週のみ)
受付時間
平日 8:30 - 18:30 
土曜 8:30 - 12:30(第1・3週のみ)
休診
土曜(第2・4・5週)・土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/消化器内科/内視鏡内科/消化器外科/整形外科/
循環器内科/糖尿病内科/腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/
放射線科/乳腺外科/心臓血管外科/皮膚科/リハビリテーション科
  • 当院では、遠隔診療(オンライン診療)を導入しています
よく閲覧されるページはこちら