チーム公平

看護課

Nurse
治癒に向けて共に歩む
心強いサポーター

患者さまのケア全般を担当する看護師は、医療チームの中でも大きな存在です。患者さまの細かな変化を見逃さず、快復へ向けて全力で支えています。「健康面に不安があっても、公平の看護師さんがいるから安心」。そんな風に、地域の人に頼られる看護師を目めざしています。

チーム公平での、私たちの役割 チーム公平での、私たちの役割

チーム医療を円滑に動かす、
要の存在

看護師は患者さまと一番近い距離で接しているので、たくさんの情報を持っています。病状はもちろん、食欲や薬を飲んだ後の体調などの情報は他の医療スタッフと常に共有し、患者さまが問題を抱えていれば、各部署に足を運んで協力のお願いをします。例えば、栄養課へは栄養状態の評価をお願いしたり、薬剤課へは薬がうまく飲めない患者さまの対処法を考えてもらったり…。患者さまが抱えている問題については、他部署と恊働しながら解決しています。

チームの一員であることを
意識して従事したい

看護課が他部署に関わることで、チーム全体がスムーズに医療を行えるというイメージを持ちながら、仕事に従事しています。今後、高齢化社会へ向けて、在宅ケアの需要も高まります。当院が在宅ケアを本格始動すれば、よりチーム医療が重要になりますが、要になるのはわれわれ看護課だと感じています。チームの一員としての役割を意識しながら、患者さまのサポートに尽力していきます。

看護課のみんなが、大切にしていること 看護課のみんなが、大切にしていること

「公平の看護観」を伝え、
質の高い看護を提供

看護課には、病棟と外来を含め約50名の看護師がおります。年齢層は幅広く、20代の新米看護師から、再雇用で就業している60代の看護師までさまざまです。世代の違いは看護観の違いを生み、看護観の違いは事故の原因にもなります。事故を防ぐためにも、患者さまと接する時は、自分が受診したい病院か?自分の家族を入院させられる病院か?と考えるように伝えています。自分の家族なら…?と想像すると、仕事に優しさがプラスされるはず。より質の高い看護を提供するために、「公平の看護観」をスタッフに周知するよう努めています。

公平病院・看護課が自慢できること 公平病院・看護課が自慢できること

離職率が低く、
全員が成長できる職場環境

一人の女性として結婚や出産を経験してもなお、職場に戻るスタッフが多いことが自慢です。入職年数が長い看護師が多いので、時に、若いスタッフへ熱く指導する場面も見られますが、素直に耳を傾ける新米看護師が多いこともまた、当院の自慢です。日々の業務の中で、看護師としてのみんなが成長してくれていることを誇りに思っています。

師長からのメッセージ

看護師長橋本 恵美子
橋本 恵美子

当院は、今後「治療したら、また家に戻って元気に暮らしたい」と思ってもらえるような、地域の人々のライフスタイルを支える病院になっていくと思います。そのために、看護課は「訪問看護師」として患者さまと関わる場面が増えるだろうと想定しています。病院に来る方だけでなく、当院をかかりつけにしてくれるすべての方が、どこにいても安心して暮らせる…。そんな、健康の「後ろ盾」のような存在でありたいと願っています。

0484213030

公平病院は、24時間体制の救急医療に対応しています。
当院は地域の二次救急病院に指定されており、他の医療機関と
連携・役割分担を図りながら、救急医療を行っています。
※救急外来での診療を希望される方は、事前にご連絡ください。

診療時間
9:00 - 13:00
13:00 - 19:00
外来診療時間
平日 9:00 - 13:00/13:00 - 19:00 
土曜 9:00 - 13:00
受付時間
平日 8:30 - 18:45 
土曜 8:30 - 12:30
休診
土曜午後・日曜・祝祭日

※各診療科によって診療時間が異なりますので、詳しくは担当医表をご覧ください。

内科/外科/消化器内科/消化器外科/整形外科/循環器内科/
糖尿病内科/腫瘍内科/緩和ケア内科/神経内科/放射線科/
乳腺外科

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

よく閲覧されるページはこちら